Elliot has worked as a freelance illustrator on major projects throughout the world for clients such as IPC Media, The Face, Dazed and Confused, The NME, Diesel, Orange, The Observer, Jonathan Cape, Spiegel Kultur, Craik Jones, The Times, Virgin Atlantic and Nike.

Widespread acclaim for his contributions to anarchic Fanzine 'the Shoreditch Twat', led to Thoburn’s appointment by Off-Centre to completely re-design their identity and in 2003 his work with Browns Design Ltd on Channel 4’s annual report was recognized with a design distinction award from International Design Magazine.

Following the success of his illustrations for the Guardian column, Thoburn worked with Neil Boorman and Daniel Pemberton to create the “Devil’s Dandruff Guide To Nightlife” published in 2005. As a member of the cutting edge collective Peepshow, Thoburn has helped reshape British illustration into the major force that it is today.

エリオットはフリーランスイラストレーターとして活躍し、クライアントに IPC Media,The Face, Dazed and Confused,The NME, Diesel,The Times, Virgin AltanticやNikeなどを持つ。

風刺的ファンジン、「Shoreditch Twat」へのエリオットの投稿作品は 多くの人に絶賛され、エリオットはOff-Centreによって彼らのアイデンティティーを 完全にリデザインする為に起用される。 また2003年のBrowns Design Ltdとの彼のイギリスチャンネル4のアニュアルレポートは インターナショナル・デザイン・マガジンからデザイン功績賞を表彰される。

2005年にはNeil BoormanとDaniel Pembertonと共にロンドンのナイトライフを 漫画ベースに描いた"Devil's Dandruff Guide To Nightlife"を出版した。

ロンドン・ベースのイラストレーター集団、Peepshowのメンバーとして、エリオットは ブリティッシュ・イラストレーションを現在の活気のあるものに作り変える手助けをした。